本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

穂積「僕のジョバンニ」柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」才能に打ちのめされた人へ。

こんにちは。

サクサク連投いきますよ、okapです。

 

今回は、穂積さんの「僕のジョバンニ」を紹介します。

とても大好きな漫画家さんです。

「式の前日」「さよならソルシエ」なども好きです。

 

僕のジョバンニ 3 (3) (フラワーコミックスアルファ)

僕のジョバンニ 3 (3) (フラワーコミックスアルファ)

 
僕のジョバンニ(2) (フラワーコミックスα)

僕のジョバンニ(2) (フラワーコミックスα)

 
僕のジョバンニ(1) (フラワーコミックスα)

僕のジョバンニ(1) (フラワーコミックスα)

 

 

「僕のジョバンニ」は、現在コミックで3巻まで出ています。

チェロにまつわる、二人の少年のお話です。

 

 

そして、才能の残酷さを描き出す作品でもあります。

 

 

読んでて、とてもキツイ。

身に覚えのある感情が、たくさん描かれています。

 

 

「俺だって…っ    天才になりたかった!!!」

 

 

私だって、なれるもんなら天才になりたかった。

 

高校生のとき、大学生のとき、自分と同じような年齢でデビューを飾る小説家を見ては嫉妬して、本を読んで打ちのめされ。でもそんな自分を認められなくて、作者の年齢には興味のないふりをした。

友だちと一緒に応募した中高生向けの文学賞で、友人の書いたものの完成度の高さに動揺した。その子は入賞したけど、自分はかすりもしなかった。

 

小説が好きだからこそ、力量の違いがはっきり分かる。

いやになって、ずっと読む側になって生きていこうと思った。

 

それから、受験勉強やらで忙しくなったし、大学生になってからも、部活にゼミに委員会にバイトに、忙しく過ごした。

 

お話を書きたいと思わなくなっていた。

だから、このままでいいと思った。

でも今、また戻ってきている。

 

 

ここまで書いて、これまた最近読んだ「響」も近いなと思ったので、急遽追加します。

ちょうど、今、映画が封切られてますね。映画も観に行きたい。

 

 

恐ろしく感性の豊かで、自分を曲げない響。

変人・奇人を地でいく彼女の小説が、そして、彼女自身が、多くの人を動かしていきます。

 

「僕のジョバンニ」でも、「響」でも、天才に打ちのめされた凡人が登場します。

「僕のジョバンニ」では、自分なりにどう戦っていくのか、これから描かれていくんでしょう。

「響」では、様々な人が登場します。スッパリ小説を諦めて、幸せな人生を送る人。粘っても粘っても、報われずに、そっと文壇から消えてしまう人。もう辞めようと思ってから、もう一年粘って、人生を変えた人。身近にいて、打ちのめされながら、少しずつ自分のステップを登っていく人。

 

さて、自分はどうしようか。

 

突きつけられる現実は厳しいですが、勇気ももらえる漫画です。