本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

今が辛かったらこれを読め!塩田武士「盤上のアルファ」

こんにちは。

ついにスマホをアンドロイドからiPhoneにしました、okapです。

使いこなせるように頑張ります。

 

最近、普段あまり小説を読まない彼氏に井上真偽「その可能性はすでに考えた」を勧めたところ、時々笑いながら黙々と読んでくれています。

いやー、うれしいですね。

私自身も、井上真偽にどハマりしたので、「探偵が早すぎる」も既に購入しております。

楽しみ楽しみ。

 

さて、本日紹介するのは、塩田武士「盤上のアルファ」

デビュー作ですね。

 

盤上のアルファ (講談社文庫)

盤上のアルファ (講談社文庫)

 

 

神戸新報で、事件担当を外され、文化部に左遷されて、意気消沈している秋葉。

将棋担当になったが、ルールも何もわからない。

 

アルバイトで食いつなぎながら、どうしても将棋を諦められない真田。

バイトをクビになったことから、行きつけの呑み屋で喧嘩になった秋葉の家に、転がり込み、背水の陣で再びプロ棋士を目指すことに。

 

将棋のルールが分かっていればもっと楽しめるんだろうなと思います。

 

でも、分からなくても、充分楽しめます。

 

真田の今までの壮絶な人生と、彼の暑苦しさと愛らしさが混じったキャラクター、将棋盤と向き合い続ける精神力、土壇場の勝負強さ。

 

世間からしたら、定職につけず、バイトもクビになり、家賃を払えず追い出される丸坊主のタンクトップは格好よくないでしょう。

しかし、将棋の世界では、彼は輝ける。

自分が唯一輝ける場所を知っているからこそ、諦めずにその場所をもぎ取りに行く。

 

めちゃくちゃカッコええやん、と思います。

 

 

もう一人の主人公・秋葉も素敵です。

将棋担当になりふて腐れていたところ、真田と出会い、将棋を知り、惹かれていく。

不器用で不恰好で、でもお人好し。

 

真田に憧れるとしたら、自己投影ができるのが秋葉でしょうか。

 

ちなみに、ブログタイトルは帯から取らせていただきました。

これも、続編が出てるんですよね。

「盤上に散る」

楽しみです。