本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

【第20話】塩田武士『女神のタクト』気の強いねーちゃんに気合いを入れてほしい人へ。

こんにちは。

風邪っぴきのため、死んだように寝てましたokapです。

 

 

久しぶりに体調を崩したのもあり、昨日はややメンタルも崩れていました。

こんなブログやってながら、今の自分に本を勧める気にならねーなー、と。

 

でも、よく考えたら本を読む体力もないときは寝るに限りますね。

今日一日中寝てたらマシになったので、もう一踏ん張り元気を出そうと、塩田武士『女神のタクト』を読みました。

 

女神のタクト (講談社文庫)

女神のタクト (講談社文庫)

 

 

 

物語は、三十路の女一人旅から始まります。

矢吹明菜。

まず彼女が素敵すぎる。

会社の金を使い込み、ややこしい関係だった妻子持ちの男性とも縁が切れ、あてもなく旅に出て、そのことをあっけらかんと喋る。

神戸の浜辺で偶然出会ったハイテクな老人に気に入られ、いつのまにか、崩壊しかけた楽団の再建をすることになった明菜。

持ち前の明るさ、行動力、一部の暴力を駆使して、ガヤガヤとした関係を築いていきます。

そして、そんな彼女に影響されて、周りも少しずつ動き始めます。

 

 

ひとつの楽団の再建物語でもあり、

一人の老人の最期の見届ける物語でもあり、

一人の青年の復活劇でもあり、

一人の大人になった少女が、自分を許す物語でもある。

 

 

いつだって、全身が前を向いている明菜を追いかけているうちに、いつのまにか自分も元気になっています。

 

今回、久しぶりに手にとってみると、なんと、サイン本でした。

「前進あるのみ!!」

力強い筆跡で書かれていました。

本屋さんでたまたまあったサイン本を購入したんだと思います。お会いしてみたいなあ。

 

 

元気になったら、明菜の力を借りて、また前へ歩き出そうと思います。