本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

【第18話】原田マハ『楽園のカンヴァス』大切なものを、誰かに伝えたい人へ。

こんにちは。okapです。

台風に震えながら過ごしたサプライズ休暇も終わろうとしています。

結果として、私の住んでいるあたりは何ともなかったですが、実家のあるあたりが停電・断水で大変そうです。

実家から徒歩5分の祖父母宅は無事なようですが。

 

一刻も早い復旧を祈りつつ、今日は、原田マハ『楽園のカンヴァス』の紹介です。

読もう読もうと思いつつ、手が出てなかった作品なので、うれしい。

 

 

 

 

2000年の倉敷から物語は始まり、1983年の出来事が語られてから、舞台は再び2000年に戻って幕を閉じます。

全体を通して感じるのは、圧倒的な熱量。

登場人物が、そして、原田マハさんが、どれだけルソーを愛しているか。

しみじみと伝わってきます。

そして、その愛が不器用ながら、次の世代にも受け継がれようとしている。

 

 

彼らの生きていた時代、1910年。

その頃生まれた人がいたなら、108歳。

美術史を変えたような人たち、今となっては、重鎮のような顔をして美術館に収まっている彼らが、必死でもがいて新しいものを作り出そうとした時代が、思ったよりも最近だということにも驚きます。

 

 

今、私は、現代アートはよく分からないと思ってしまうけど、ルソーだって、ピカソだって、世界からなかなか理解されなかったんだもんね。名だたる画家も、きちんと評価されたのは、死んでしまってからということもしょっちゅうある。

それでも、その絵に衝撃を受けて、価値を信じて、守って、伝えてきた人がいたからこそ、今の私たちが目にすることができるということが、改めて幸せだと思いました。

 

プーシキン美術館展、行きたいなあ。