本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

【第13話】沢村凛『黄金の王 白銀の王』圧倒的な大きさに触れたい方へ。歴史小説が好きな方にも。

 

黄金の王 白銀の王 (角川文庫)

黄金の王 白銀の王 (角川文庫)

 

 

こんばんは。

今日も今日とて、こんな時間です、okapです。

最近、本を読むのが楽しくて仕方がない。まるで中高の頃に戻ったかのような。

 

本を買ったり、紹介するたびに思うのだが、本ってこんなに安くていいのかしら。

たった、1000円弱で、このさきの人生を支えるものに出会ってしまってよいのかしら。へんなの。

へんなのと思いながら、今日も、その幸福を享受します。

 

さて、今日紹介するのは、沢村凛『黄金の王   白銀の王』

読んだのは大学生の頃だろうか。

初めて読んだときの衝撃を、まだ覚えている。

こんな骨太な、歴史の流れを生み出すことのできる人がいるのかと。

 

 

憎み合い、殺しあってきた鳳穐(ほうしゅう)と旺廈(おうか)の一族。

もとは、祖先を同じとしながら、血で血を洗う争いを繰り返してきた。

しかし、鳳穐の頭領である、ひづち(まさかの漢字変換が出来ず。のぎへんに魯です)は、旺廈の血を最も濃く受け継ぐ薫衣(くのえ)に、あることを持ちかける。

 

それは、国のために、二つが一つになること。

 

現在、国は鳳穐が治め、旺廈は各地でひっそりと暮らしている。

旺廈であることを公言すれば、‘旺廈狩り’の対象になり、殺されてしまう。

薫衣以外の人間で、前頭領の血を継ぐ者はいない。

蜂起しようにも、薫衣の存在を無視できない。

 旺廈を押さえつけるには、薫衣を生かしたまま監禁しておくのが一番都合がいい。

 

なのに、ひづちはそうしなかった。

「旺廈を根絶やしにしろ」という父の遺志、「殺せ」という周りの声、「殺したい」という自分の思い、それらを無視して、一つになる道を選んだ。

 

もちろん、平坦な道のりではない。

そもそも、ひづちも、薫衣も、そう簡単に容認できる話ではない。

お互い殺しあってきたのだ。お互いがお互いの仇なのだ。

 

だが、それを頭で、理屈でねじ伏せ、二人は共に道を歩むことになる。

敵からも、味方からも、反対され、蔑まれ、理解されない荊の道だ。

失敗は許されない。

剣の上に立ち、針で糸を通すような危うさで、二人はじりじりと進んでいく。

反乱が起こることもある。謀反が起こることもある。

それでも、歩みを止めず、進み続ける。

 

 

 

これは、フィクションであり、ファンタジーだ。

鳳穐も、旺廈も、現実には存在しない。歴史上の、どこにも存在しなかった。

架空の作り話だ。

 

でも、なんだこれは。

なんだこの、圧倒的なリアリティは。

なんだこの、圧倒的なスケールは。

 

あまりの大きさに、しばらくの間、呆然としていた。