本の処方箋「おくすり(本)だしておきますね」

放っておくと10時間ぐらい本を読み続ける女子が、悩みごと別に、本の処方箋を出すブログです。漫画も好きです。

【第10話】ミミ・ザイガー『小さな家、可愛い家』こんな家に住みたい!という妄想をしたい人へ。

こんばんは。

今日はもう既に眠いです。okapです。

 

今日は、小説じゃなくて、写真集のようなものを紹介します。

『小さな家、可愛い家』

世界の一流建築家が設計した、タイニーハウスばかりが紹介されている本です。

外装・内装の写真のほかに、間取りも書いてあって、わくわく。

 

小さい頃、よく広告の間取りに自分の理想の部屋を書いて遊んでいました。

ここにベッドを置いて、ここに本棚を置いて……。

素敵な家で暮らす日々をひとり楽しく妄想していました(ひとり遊びは得意)。

 

あとは、土曜日の朝にやってる「渡辺篤史の建物探訪」も大好きです。

今はテレビを持ってないので見てませんが、実家にいた頃は毎週見ていました。

懐かしい……。

 

この本を気に入って、何度も繰り返し読むのも、その延長線上でしょう。

 

なにが心をくすぐるって、その小ささ!

全部で35の家が紹介されているのですが、ページをめくるにつれて、だんだん小さく・狭くなっていくんです!

美しい景色の中に佇む、小さな、可愛い家。

なんて素敵!!

どの家も、狭さ・息苦しさを感じさせない趣向がこらしてあって、飽きません。

 

私のお気に入りは、ミニカーハウスです。

名前の通り、車輪がついていて、気が向けばどこにでも移動できます。

わずか9平方メートルでありながら、ベッド・キッチン・本棚があります。

外装もとっても可愛いんです!

この家で暮らす妄想を何度も何度もしています。

お風呂とトイレがないのが唯一の欠点かなあ。お風呂は銭湯に行くにしろ、トイレがないのは致命的かしら。

 

以前書いたように、ひとつのところに留まりたくないという思いも根底にあるんでしょうね。

トレーラーハウスも憧れます。

 

どんなに疲れていても、見るだけで癒されるものがあるのは大事なことだなあと思うのです。

 

眠いのでまた明日!

明日は三時間だけ働いたら自由の身じゃー!

 

 

 

小さな家、可愛い家 世界の一流建築家による傑作タイニー・ハウス34軒

小さな家、可愛い家 世界の一流建築家による傑作タイニー・ハウス34軒